SHEET METAL PROCESSING

精密板金加工とは

「板金」と言う言葉を使うと車の修理をイメージされる事がよくありますが、横文字にすると、『Sheet Metal(シートメタル)』となります。平板の金属に加工を施して製品の形にしていく板金加工のことをいいます。
精密板金加工の原材料は、鉄・ステンレス・アルミニウム・銅・真鍮などが一般的です。精密板金加工で用いられる金属板は他の板金加工と比べて薄く、1~3mm程度のものがほとんどです。 

加工の流れ

1.プログラム作成

客先図面を元に展開図をイメージし、CAD・CAMによりレーザー加工機等に使用するプログラム作成

2.抜き工程

定尺材料より展開形状を切断する工程

3.曲げ工程

展開形状の平らな板を折り曲げる工程

4.溶接工程

曲げ加工により成型した金属同士を接合し、
組み立て成形する工程

精密板金加工の強み

高品質加工

低コスト化

短納期

設計・製作の知見が豊富

精密板金加工とは

会社概要

板金加工に関するご相談などお電話・もしくはメールにてお気軽にご連絡ください。

お気軽にお問い合わせ下さい

046-241-2251